×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



・「ウスバカゲロウ」の歴史


・1985年
当時、隣の高校に通っていたやんべとパンチが、
パンチの高校の音楽室(文化祭の時のフォークソング部のコンサート会場である)で出会う。
大した理由なくそれなりに意気投合。

・1988年
神保町のドトールコーヒーで、予備校の授業終了後のパンチと
終了していたのか微妙な(笑)やんべがバッタリ出くわす。
「アイスコーヒー持った変な奴が、手を上げながら
自分に向かって来たのでビビった…。」(パンチ談)。
「断じてやんべは、それほど挙動不審な外見はしていない」(やんべ談)。

・1989年
二人とも何とか大学に入るが、どちらも勉強はしなかったらしい。
パンチはオリジナル・バンド(Play The Game)のバンド活動を始め、
やんべはバイトに明け暮れる日々だった。

・1990年
京浜島事件…お互い爆弾を抱えている話なので詳細は書かないが、
これをきっかけに頻繁に夜遊びをするようになる。
(まぁこの間もいろいろあるんですが…中略;笑)

・1998年10月
パンチがコミュニティーFM局、かつしかFMで「かつしか音楽工房」という
番組のパーソナリティーとなる。
1999年4月からやんべも番組に参加。

・2001年2月
かつしか音楽工房に現POPLAB-RECORDS主宰のニシザワユウキ氏がWACKS名義の楽曲を投稿してくる。
以降やんべとニシザワ氏が親交を深める。

・2002年12月
やんべがソロ名義で、インディーズレーベルPOPLAB-RECORDSより
POPLAB COMPILATION Vol.01・POPLAB COMPILATION Vol.02に参加。「pierrot」(やんべひろゆき)

・2004年春
ニシザワ氏からPOPLAB-RECORDS主催のライブイベント"POPLAB.02”へ参加のお誘いをいただく。
(実はやんべが売り込んだという説もある)。

・2004年4月
一人でライブが出来る実力がないことを、ついに思い出したやんべは、
パンチを誘い込みウスバカゲロウという、やや即席気味なユニットを結成。

・2004年8月
POPLAB.02に参加。
中年の渋さも落ち着きも何も感じられないライブで好評を博…したのかなぁ…(笑)

・2004年10月
ウスバカゲロウとして最初のレコーディング。ドタバタと一日で終了!。
POPLAB COMPILATION Vol.03に収録。「男だけのクリスマスイブ」(ウスバカゲロウ)

・2005年11月
ウスバカゲロウとして久々の活動。新曲のレコーディングの作業!。
POPLAB COMPILATION Vol.04に収録。「裏次元」(ウスバカゲロウ)


・2006年8月
やんべひろゆきが「ウスバカゲロウ1/2」として、POPLAB-RECORDS主催のライブイベント"POPLAB.04”に
初のソロで参加。微妙に好評を博す。



以下続く…予定。





●TOPに戻る●